2012年12月17日

八王子市N町TU邸ユニットバスリフォーム工事進行状況。

古いタイル貼りのお風呂の解体が終わり、ユニットバスの取り付け工事開始です。
ちなみに今回お客様が選んだメーカーは、タカラスタンダードのルーノシリーズにないりました。
土間コンクリートを流し込んで固まった状態の上にユニットバスを据え付けて行きます。
P1030841.JPG

ユニットバスの洗い場の床部分です。
工場からこのような状態で送られてきます。
P1030838.JPG

横から裏側を見るとこんな感じです。
タカラスタンダードさんだけあって、ユニットバスを支える架台の作りが頑丈につくられているので、他メーカーに比べ安心ですねわーい(嬉しい顔)
P1030843.JPG

組み立て前の浴槽はこんな感じです。
タカラご自慢のアクリル人造大理石浴槽にしっかり断熱材が吹いてありますねグッド(上向き矢印)
P1030840.JPG

こちらはもタカラスタンダードさんご自慢のホーロー壁パネルに24ミリの断熱材が入っています。
天井にも同じく24ミリの断熱材が入っていますわーい(嬉しい顔)
P1030847.JPG

ユニットバス取り付けは床、壁、天井の順番で仕上げて行きます。
P1030841.JPG

そして、取り付け完了です。
今回は既存のサッシを残したまま施工しました。
浴槽は半身浴も出来るし、タイルのお風呂に比べ暖かく、脱衣所からの段差もなくなりバリアフリーに、浴槽をまたぐ高さも低くなり言うこと無しですねわーい(嬉しい顔)
P1030873.JPG

汚れやすい洗い場床の排水口まわりがステンレスで出来ているのもタカラスタンダードさんの売りですね。
P1030876.JPG


ちなみに今回のユニットバスサイズは1坪(16×16)サイズより数センチ小さい特注サイズになっています。(数センチなので、見た目も入った感じもわかる人はいないと思いますが・・・。)
タカラスタンダードさんのユニットバスは2センチ5ミリ刻みでサイズを自由に変えられるのでこの辺も便利ですね黒ハート(タカラだけ)
なぜ今回数センチ小さくしたかと言うと、図面では1坪サイズが納めるのですが、現場で採寸して見ると既存のタイルを撤去しても、3センチほど図面よりなぜか小さい?
なので、今回はお客様の了解を得て事前にお風呂の一部を壊させてもらってから発注しました。
P1030188.JPG

あと、今回は給湯器も交換させて頂きました。
エコジョーズタイプになり、既存の給湯器に比べ光熱費がグッド(上向き矢印)
都市ガスの4人家族で、年間1万2千円位オトク黒ハート
P1030844.JPG
posted by jirou at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子市N町TU邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

八王子市N町TU邸ユニットバス工事着工しました。

今回工事させて頂くのは、新規のお客様でタイル貼りのお風呂からユニットバスへのリフォーム工事です。
今現在使用されているタイル貼りのお風呂場です。
正直かなりキレイに使われているので、リフォームは必要なさそうです。
しかし、タイル貼りのお風呂は寒く、手摺りや段差もあるので、老後を備えてのリフォームとなりました。(段差のバリアフリーも大切ですが、温度のバリアフリーも大切ですね。)
P1030738.JPG

解体開始です。
お風呂の部分だけ基礎が高くなっていました。
これは仮に防水が切れても、コンクリートなら腐らないからです。
こちらを建てた建築会社さんの仕事の硬さが伺えますねわーい(嬉しい顔)
しかし、お風呂の土間コンクリートが30センチの厚さがあったのには驚きましたが・・・ふらふら
P1030752.JPG

出窓部分は残念なことに腐っていました。(タイル貼りのお風呂の宿命でしょうか?)
しかし、土台、柱の構造体部分はまだ腐っていなかったので、丁度リフォーム時期だったんですかね?
P1030749.JPG

間仕切り部分に断熱材が入っていなかったので、大工の横倉さんに入れてもらいました。
断熱材安いからね。
P1030791.JPG
posted by jirou at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子市N町TU邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする