2012年12月27日

サッシ交換工事(カバー工法)

既存サッシの交換工事です。
通常サッシ交換の場合は外壁を解体しサッシを交換するので、解体する大工さん、モルタル外壁を補修する左官屋さん、外壁の塗装をするペンキ屋さん、内装を補修するクロス屋さんと多数の職人さんが入るので、当然お値段もアップグッド(上向き矢印)そして工事日数もかかってしまいます。
でも、今回のカバー工法と言うのは既存のサッシ枠だけ残し、その内側にサッシを取り付けると言う工事です。
お値段も安くなり、工事日数は1日とお客様の負担もわーい(嬉しい顔)

さて交換するサッシは上げ下げ窓が付いています。
この年代の(20年前)上げ下げ窓は重たくて使い難いのが難点。
それをダブルルーバー窓へ交換して行きます。
P1030883.JPG

ガラスを外し、サッシ枠も取り除ける物は出来るだけ外し開口面積を広くします。
P1030887.JPG

そして、新しくダブルルーバー窓を取り付けて完成です。
ガラスがダブル(二枚)になったので少しは断熱効果もアップかな?
あと、面格子が付いていなかったので、ヒシクロス型の面格子も取り付けて防犯効果アップ。
でも、このカバー工法のデメリットもあります。
既存サッシよりも少し開口面積が小さくなる所です。
写真を見ればわかるかな?
P1030945.JPG

他にも階段途中のFIX窓も交換しちゃいます。
P1030884.JPG

カバー工法でダブルルーバー窓へ交換。
これで風通しが良くなりました。
P1030894.JPG

お風呂の折れ戸も壊れていたので、カバー工法で交換させて頂きました。
P1030946.JPG

posted by jirou at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アルミサッシ・玄関ドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする