2017年03月09日

手作りのアイアン手すり

20年程前からお世話になっている日野市 I 様
今回工事させていただく所は、室内階段の手すりです。
手すりといっても既製品の手すりではなく、手作りのアイアン手すりで制作します。




今回は、実際に叩いて曲げる作業を体験させていただきました。
当然ですが熱していない鉄は固く、叩いてもへこまず曲がらないのですが
熱された鉄を叩くと芯のないような柔らかさで、手に衝撃が少なく
力の入れ具合で微妙に変化し、曲げもいとも簡単に曲がりました。
曲げる場所、叩く力の加減で様々な形になりますが、同じ物を作るのは大変なことで
長年の経験と感覚が必要だと改めて感じました。
また、一つの作品の中で少しの違いがあっても、手作りならではの味があり温かみのある作品でもあるんですね。
posted by jirou at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アイアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック