2012年09月18日

セルフディスカバリー王滝MTBレース行ってきました。

セルフディスカバリー王滝42キロのレースへ行ってきました。(長文です。)

前日の朝7時過ぎに自宅を出発車(RV)
しかし、いきなり国立インターから渋滞です。
途中休みながら5時間以上かけて12時過ぎに王滝へ到着。

受付、買い出しなどを済ませ、王滝の湯グッド(上向き矢印)
王滝の湯へ付くと予想通り、自転車乗りばかり。
でも、女性風呂は貸し切り状態だったそうです。
王滝温泉の次は夜ご飯るんるん
去年もお世話になった王滝食堂へ。
私とカミさんが注文したのは、去年と同じ猪豚鍋わーい(嬉しい顔)
P1020053.JPG

子供たちは豚カツ定食。
P1020054.JPG

やっぱり、王滝食道の猪豚鍋は美味しかったです。
この後パドックに戻り、明日の王滝42キロレースに備え早目の就寝。(車中泊)
P1020057.JPG

レース当日です。
興奮気味だったので、あまり眠れず3時には起床してしまいました。
すでに、トイレには列が・・・。
42キロクラスのスタート場所は会場から離れているため(11キロ)移動。
朝靄に包まれた42キロクラスのスタート地点の王滝村です。
P1020064.JPG

王滝村には八王子神社と言う神社がありました。
私の人生半分以上が八王子市で育っているので、なんだか気になったので写真撮ってみました。
P1020063.JPG

自転車をスタート地点へ並べます。(早いもん順です。)
今回のスタート位置は60番目位で、前回が200番目位に比べると好位置ですグッド(上向き矢印)
待っている間は廻りの方と雑談。
偶然にも、隣のアンセム乗りの方は、前回のレースの時に最後の上り坂で私が抜き、しかし、その直後の下り坂でパンクし、抜き返された人でしたわーい(嬉しい顔)(いい思い出です。)
その時のアンセム乗りの方は40位以内の2時間40分代前半でゴールしているので、アンセム乗りの方に付いて行けば40位内の2時間40分切も可能かも?(パンクしなければ・・・。)
P1020061.JPG

今回も私の相棒トランスX4君と頑張ります。「今回はパンクが無いように頑張ろうねわーい(嬉しい顔)
さて、長いようで短い42キロのレーススタートです。
ちなみに今回のエントリー台数は487台で前回の439台よりも48台も増えています。
P1020059.JPG

今回はコース変更があり、スタート直後は軽トラの先導が付き、王滝村の舗装路を1キロから2キロ走ってから未舗装の林道を上がって行きます。

林道に入ると本格的にレーススタートです。
ここから一気に標高500メートルを距離6キロで最初の上り坂を上がって行きます。
出来るだけ集団に付いて行こうとしますが、体の調子がイマイチ?
林道1キロ位?まではアンセムの方に付いていけましたが・・・体が重く、足も回りが悪く、心拍も170を超えexclamation×2
呼吸を整えようとペースを落としても、心拍計は170以下になってくれませんバッド(下向き矢印)
当然ズルズルと後退して行きます。
アンセムの方の背中が見えなくなり・・・。

途中で大会関係者から「88位!」
こちらも元気よく「末広がりじゃん!」と言い返しますが、心の中では「苦しい〜!88位か・・・。」

前向きを心がけ、頑張りますが抜かれるばかりで、順位はどんどん落ちて行きますもうやだ〜(悲しい顔)

最初の頂上付近(9キロ付近)で「100位」と声をかけられます。
「こりゃだめだ・・・。」と思いながらも、これから先は12キロの下り。
下りはモトクロスをやっているので上りよりも得意のはず(今年一回も乗っていませんがたらーっ(汗)
パンクの神様を恐れずに未舗装の下り坂を一気に走って行きます。
しかし、途中から舗装路exclamation&question(今年はコース変更あったからねもうやだ〜(悲しい顔)
抜くつもりが逆に2台抜かれちゃいましたバッド(下向き矢印)
心も折れ、体も疲れ、ここからまだ20キロ以上走らなくてはなりませんバッド(下向き矢印)

しかし、今年はコース変更があったお陰でいいことも。
通常王滝のレースではスタートするとレース関係者としか会うことがありません。
今回のコースはスタートしてから約20キロ走るとスタート地点の王滝村へ戻って来るのです。
そこには家族の応援がわーい(嬉しい顔)
子供たちとカミさんが「パパ頑張って〜ハートたち(複数ハート)」と応援しています。(あと、王滝村の人も)
P1020069.JPG

ここから先は約10キロの上りです。
家族の応援があり頑張れないはずが無い手(チョキ)
ギアを1段上げることを心がけ、黙々とペダルを漕いで行きます。
すると、前の選手が見えると背中が近づき、そして抜いて行けますわーい(嬉しい顔)
心拍も安定し165以下をキープ。
私を抜いて行った選手たちを、次々と抜き返すことがグッド(上向き矢印)
すると、32キロ付近で見たことがある姿が!
アンセム乗りの方です。
私「前回と同じ所で追いつきましたよ!」
アンセム乗りの方「だめだ!もう駄目!」
私「頑張りましょう!ここが終われば、あとは下りだけです!」
アンセム乗りの方「先行きな〜!パンク気を付けてね!」
私「パンクしない様に、先行ってます!」
そうです、前回はこの直後にパンクだったのです。
でも、今回はタイヤの空気圧を高めにし、スピードを抑え、ラインも外さない様に心がけて、残り約8キロを下って行きます。
下りでも、数台抜くことが出来、パンクを直している人に声を掛けながらゴールを目指します。
そして、パンクの神様に好かれることなく、ゴールわーい(嬉しい顔)
P1020074.JPG

愛する家族も待ってくれていました黒ハート
不思議と今までの辛さを忘れ、喜びがグッド(上向き矢印)
これが王滝なんですね黒ハート
その後アンセムの乗りの方もゴールしお互いの健闘をたたえ合い、来年は100キロで会う約束をし別れました。(ちなみに、アンセム乗りの方は50歳代でしたたらーっ(汗)
P1020076.JPG

暫定結果
タイム2時間33分
順位69位
平均スピード16、2キロ
最高速度50,6キロ
最大心拍175
平均心拍157

今回の王滝42キロを振り返って。
簡単に言えば練習不足なんですが、前半の上りの調子悪過ぎ。
後半の上りは家族の応援で、精神的に回復し、体の重さも飛んじゃいました。(応援無かったら?)
タイムは2時間33分といいのですが、コースレイアウトを考えると?
獲得標高?は前回の方が高いかな?
でも、前半の上り斜度は今回の方が辛かったです。
順位は、前回はパンク2回して66位で、今回はトラブル無しで69位?
エントリー台数が増えているのを考えても、結果が悪いですね。
心拍も上がり過ぎかな?
最高速も舗装路の下りがあったのに、遅いかな?でも怖いから。

そして、次は5月の王滝100キロ?
今年の5月の王滝は腰の調子と練習不足で出られなかったけど・・・来年はどうでしょう?
腰と練習が出来たとしても、100キロか〜!精神的に無理?
未だに舗装路100キロ走ったこと無いしパンチ
冬場になって冬眠しなければ出られるかな?
P1020078.JPG

おまけ。
帰りのガソリンスタンドにて給油後。
「お客様!間違えてガソリン入れちゃいました!」
「・・・・。」
ウチのハイエース君はディーゼルなので、ガソリンではなく、軽油なんですね。
ジャッキアップされるハイエース君。
P1020069.JPG

チョロチョロ出るガソリン・・・この作業1時間以上かかりました。
エンジンをかけなかったので、問題無く済みましたがディーゼル車には付きものですね。
でも、燃料代が無料になりました手(チョキ)(約7000円+オレンジジュース2本)
P1020082.JPG

posted by jirou at 16:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
王滝42Kmお疲れ様でした!
私もやっとMTBを買ったので、今度走りに
行くときは誘ってください!
Posted by 西大井I at 2012年09月24日 09:05
西大井I様へ
失礼ながら、正直どなたかわかりませんでした!
すみません。
MTB買っちゃいましたか〜。
11月10日に東伊豆でメリダカップと言うレースがあるので一緒に組んで出ませんか?
初心者の方でも大丈夫ですし、子供も出られますよ(無料)
その前に山に走りに行きますか!
Posted by ジロウ at 2012年09月25日 21:10
いきなりメリダカップですか?
その前に山に走りに行きたいですね。
Posted by 西大井I at 2012年09月26日 12:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック